ダイエットを挫折しないために

こうすれば、挫折は防げる!。

ダイエットは孤独なマラソンだ。どうしても食欲に負けたり、計画どおりに体重が減っていかないことも多々あるもの。毎回そこで挫折してしまうわけだが、今回こそ長続きさせるために、挫折を防ぐヒントを読んで備えておこう!

挫折しそうになったらどうする?「食べたい!飲みたい!」を我慢できないときには...

あなただって人間だ。鉄の意志でダイエットに臨んでも、どうしても食欲に負けることもあるだろう。そんなとき、気合や根性だけでは決して乗り切れないということは、あなた自身がよくわかっているはず。ダイエット成功には、それなりのテクニックが必要なのだ。

ダイエット最大の敵は、「食べたい!飲みたい!」という衝動だろう。この欲求はとりあえずしばらく我慢していれば通り過ぎてしまうもの。ある心理学者は衝動を波に、衝動を克服することをサーフィンに例えた。波は小さく始まり、やがて大きな波頭になり、壊れ、なだらかに消えてゆく。波と闘ってひっくり返されるのではなく、波に「乗る」技術を身につけることを考えよう。上手な「食欲サーファー」は速く衝動を見つけて波に乗る準備をする。もし気がつかないうちに大波が押し寄せれば、うまく波に乗れないままひっくり返されてしまうし、早くから版に気付いていても、波に乗る方法を知らなければ、やっぱりひっくり返されてしまう。

ダイエットをしている人にとって、食欲の波が通りすぎるのを待つのがいちばんかもしれないが、さらに波に乗る技術を習得すれば、どんな衝動が来てもそれなりに対応できるようになる。こうした考え方はもちろん食欲に限ったことではなく、喫煙や飲酒、ギャンブルなどにも応用可能だ。

食欲サーフィンの方法

食欲の波に乗る方法は簡単。食べたい!という衝動に駆られたときに何か別のことをするだけでよい。別のことをして気を紛らわせているうちに、波は砕け、小さくなって消えてしまう。以下にいくつかサーフィンに役立ちそうな手段をあげてみた。このほかにも、ぜひあなた自身の方法を考え、実行してみてほしい。

たまっていた仕事を猛烈に片付ける2自分のカラダ日記を読み返すの知人に電話したり、メールや手紙を書くの歯を磨く6ストレッチなど軽い運動をする6散歩をするの音楽を聴いたり、楽器を演奏する@読書をするのドライブに車を洗うシャワーを浴びるの庭の手入れをする。映画を見に行ったり、ビデオを見るこの本を読む他犬と散歩にを完璧主義をやめ、自分をどんどんほめよう!

ダイエットに付きものなのが、目標どおりに行かなかったときの挫折感だ。挫折感にさいなまれず、気楽にダイエットを進めるためには、完璧主義をやめ、楽天主義でのんびり構えるのがコツ。できなかったことより少しでもできていることや、新しく始めたことに目をむけ、「案外、頑張れているじゃないか!」とどんどん自分をほめよう。ちょっとした失敗にとらわれ、「もう終わりだ」とこれまで積み上げてきたものを丸ごと放り出してしまうのはもったいない

CATEGORIES

簡単明快!太る理由

例えば預貯金を増やそうとするとき、誰でも「収入を上げ、支出を抑える」ことを考えるだろう。逆に収入に見合わない支出を繰り返していると、借金がかさんでしまう。収入と支出と残金の関係はとてもシンプルな引き算でわかる。
>>続きはコチラをクリック

肥満は恥ずかしい!

花王株式会社が発表した「現代サラリーマンの「健康・肥満意識調査(2003年)」は、イマドキのビジネスマンの気持ちをリアルに表していて、なかなか面白い。対象は首都圏に住む8~8歳代の900人の男性で、太っていると自覚している人の割合は4人に3人。
>>続きはコチラをクリック

太る理由は意外な理由-

人間の食欲全体を制御しているコントロールセンターは、前頭葉という場所に存在している。前頭葉は、満腹中枢や摂食中枢がある視床下部の上部に位置し、視覚や味覚、嗅覚、聴覚などの重要な情報を伝える神経が網の目のように張り巡らされ、
>>続きはコチラをクリック

ダイエットを続ける秘訣

受験勉強をしていた頃を思い出してほしい。「やるぞ!」と意気込んで分厚い参考書を買ってみたものの、半分も行かないうちに投げ出した経験はないだろうか。逆に薄い問題集をなんとか1冊やり遂げることで、なんとなく問題解くコツがつかめたという人も多いはずだ。ダイエット目的の運動も同じこと。
>>続きはコチラをクリック

サプリメントの選び方

ダイエット中に不足しがちな栄養素を補ったり、体脂肪を効果的に燃焼させるために、手軽に利用できるサプリメント。現在は数多くの種類が出ているので、自分に適した製品を選ぼう。ただし、手軽さゆえに安易にサプリメントだけに頼るようになってはいけない。ダイエットの基本は「食事+運動」。
>>続きはコチラをクリック