太る理由は意外な理由-

ストレスで太る男たち

人間の食欲全体を制御しているコントロールセンターは、前頭葉という場所に存在している。前頭葉は、満腹中枢や摂食中枢がある視床下部の上部に位置し、視覚や味覚、嗅覚、聴覚などの重要な情報を伝える神経が網の目のように張り巡らされ、人間の精神や意思、情緒などの極めて高次元な精神活動を営んでいるため、ストレスが高じるとコントロールセンターの制御機能に支障をきたし、食欲にも大きく影響がでる。仕事でストレスがたまってやけ食いに走ったり、気を使うクライアントの接待の席で食欲がわかなくなったりするのは、みんな前頭葉のコントロールセンターのシステムにエラーが出てしまったせい。たかがストレスと甘く見て放っておくと、システムダウンして過食症や拒食症にもなりかねない。

最近ではテクノストレスに代表される機械化文明と、社会構造の複雑化に伴う精神的ストレスの増加が著しいが、こうした変化を背景に、拒食症、過食症、神経性食欲不振症といった摂食行動のトラブルという問題が増加している。ネズミを使った実験でも、ネズミの尻尾をイタ痒いくらいにハリで刺して刺激し続けると、ネズミは痛みのストレスで過食になり、急激に太ってしまうが、この刺激をやめると食欲も低下していくことがわかっている。

あなたは何かを紛らわせるために、とりあえず口にものを運んではいないだろうか?私たちの食欲を脳が司っている以上、精神状態と食欲とは切っても切れない関係にある。食べるという行為を、抱えている問題のはけ口にしないようにしよう。

なぜイライラしたり落ち込んだりすると甘いものを食べてしまうのか?

元気が出るという理由から、スナック菓子、甘味類、清涼飲料など、高糖質の食品をちょくちょく間食している人がいる。糖質性の間食も少量で済めば問題はないが、だんだん量や回数が増えてきて、取り返しがつかなくなる。

近年、糖質をとると間接的に脳内でセロトニンの濃度が上昇することがわかったが、情緒不安定と糖質の過食についての関係性も指摘されている。セロトニンとは神経伝達物質のひとつで、睡眠リズムや覚醒、不安、情動などと関連しており、甘いものに含まれる糖質が情緒を安定させるように働きかけるため、イライラや不安解消のために甘いものをたくさん食べてしまうというのだ。どうしても甘いものを我慢できない理由は、情緒不安定になった脳にあるのかもしれない。その原因をつきとめて解決することは、ダイエットの成功にもきっと役立つだろう。

ダイエットのために食事療法だけを長期間続けていると、筋肉や骨などの除脂肪量が低下したり、インスリンの効き目が悪くなることが知られている。この問題をクリアするために、有酸素運動や筋肉トレーニングという2種類の運動が欠かせないのだ。

通常、歳をとるとともに基礎代謝が低下していく。基礎代謝が低下すると、体は「省エネモード」に切り替え、やせにくく太りやすくなる。減量のために食事の量を減らして2~3週間もすると、基礎代謝がさらに3~8%も低下し、省エネモードに入って体重が減りにくくなってしまう。これを減量の停滞期と言うが、ウォーキングに代表される有酸素運動には、基礎代謝の低下を食い止める効果があり、停滞期を乗り切るために欠かせない。

生活習慣病をもつ人は、インスリン感受性が低下していて、インスリンの効き目が悪くなっている場合が多い。有ってきた。酸素運動を日常的に行っていると、インスリンの効きもよくなり、生活習慣病の予防や治療に効果のあることがわか私たちの体の細胞が生きていくためのエネルギー源は、酸素と血液中のブドウ糖(血糖)だ。血液中のブドウ糖は、1つ1つの細胞内に存在しているGlut4(グルコース・トランスポーター4)というブドウ糖輸送担体によってキャッチされ、細胞内に取り込まれる。このGlut4は、普段は細胞の中に隠れているのだが、細胞の表面にインスリンが付着すると、呼ばれたかのように細胞の表面に上がってくる。つまり血液中のインスリンは、ブドウ糖の量が増えたことを知らせる司令官で、Glut4はそのブドウ糖を回収しにやってくるトラックのようなものなのだ。インスリンの効き目の低下の理由のひとつに、Glut4が細胞表面に出てこなくなることも指摘されているが、運動を定期的に行なうことでGlut4の数が増え、働きもよくなることが知られている。

「身体能力を高めるの身体活動能力とは、いかによく動いて活動的な日常を送ることができるかという能力のこと。最近、あるアメリカの研究者らは、太っていても身体活動能力の高い人は、体重が標準前後でも身体活動能力の低い人」と比べて死亡率が低いという研究結果を発表している。「病は足から」といわれるように、体重に関わらず、人間も活発に動き回れなくなったらオシマイというわけだ。常に動ける身体をキープするためにも、日頃の運動量を増やし、身体活動能力を高めていこう。

すごいサプリを見つけました。何がすごいって。L-カルニチンとL-シトルリンが配合された、ダイエットサプリなんですよ。今までにこんなサプリありました?【炎上】スリミータイムは痩せない?口コミと効果を調べてから実際に飲んでわかったことwを熟読してください!

CATEGORIES

簡単明快!太る理由

例えば預貯金を増やそうとするとき、誰でも「収入を上げ、支出を抑える」ことを考えるだろう。逆に収入に見合わない支出を繰り返していると、借金がかさんでしまう。収入と支出と残金の関係はとてもシンプルな引き算でわかる。
>>続きはコチラをクリック

肥満は恥ずかしい!

花王株式会社が発表した「現代サラリーマンの「健康・肥満意識調査(2003年)」は、イマドキのビジネスマンの気持ちをリアルに表していて、なかなか面白い。対象は首都圏に住む8~8歳代の900人の男性で、太っていると自覚している人の割合は4人に3人。
>>続きはコチラをクリック

ダイエットを続ける秘訣

受験勉強をしていた頃を思い出してほしい。「やるぞ!」と意気込んで分厚い参考書を買ってみたものの、半分も行かないうちに投げ出した経験はないだろうか。逆に薄い問題集をなんとか1冊やり遂げることで、なんとなく問題解くコツがつかめたという人も多いはずだ。ダイエット目的の運動も同じこと。
>>続きはコチラをクリック

ダイエットを挫折しないために

ダイエットは孤独なマラソンだ。どうしても食欲に負けたり、計画どおりに体重が減っていかないことも多々あるもの。毎回そこで挫折してしまうわけだが、今回こそ長続きさせるために、挫折を防ぐヒントを読んで備えておこう!
>>続きはコチラをクリック

サプリメントの選び方

ダイエット中に不足しがちな栄養素を補ったり、体脂肪を効果的に燃焼させるために、手軽に利用できるサプリメント。現在は数多くの種類が出ているので、自分に適した製品を選ぼう。ただし、手軽さゆえに安易にサプリメントだけに頼るようになってはいけない。ダイエットの基本は「食事+運動」。
>>続きはコチラをクリック