サプリメントの選び方

コツは自分に適した製品を選ぶこと。

ダイエット中に不足しがちな栄養素を補ったり、体脂肪を効果的に燃焼させるために、手軽に利用できるサプリメント。現在は数多くの種類が出ているので、自分に適した製品を選ぼう。ただし、手軽さゆえに安易にサプリメントだけに頼るようになってはいけない。ダイエットの基本は「食事+運動」。サプリメントはあくまで栄養補助食品という位置づけだ。

サプリメントはやせ薬にあらず

よく「サプリメントでやせた!」と言う人がいるが、これは間違っている。本来サプリメントは栄養補助食品であって、やせ薬ではない。

ダイエットサプリメントと呼ばれるものや食品成分には、糖質や脂質などの栄養素の吸収を阻害するもの、体脂肪の合成の阻害や脂肪燃焼が期待されるもの、脳内物質を介して食欲を抑制するものなどがある(147~150ペー中には錠剤やカプセルの形をしていて、薬と見間違えそうなものもあるが、これらはすべて「食品(成分)」であり、「医薬品」ではないということを忘れないでほしい。実は、効果がはっきり確認されている医薬品は存在するが、それは医師の処方がなければ手に入らないもの。簡単に入手できる食品に、医薬品のような効果を期待するのはナンセンスだ。「やせる」という言葉に安易に飛びつくのではなく、「毎日の食事で足りない栄養素を補う」という意識をもって商品を選ぶようにしよう。

まず、ビタミン・ミネラルは足りているか?

マスコミで取り上げられているようなダイエットサプリメントを真っ先に試してみたくなるが、その前に栄養素の中でも基本中の基本、ビタミンやミネラルが十分補給できているかを再検討しよう。ダイエット中は食事の分量が少な目になるため、その分ビタミンやミネラルの摂取量も減ってしまうことになる。またダイエット中に限らず、2種類のビタミンと、g種類のミネラルがどれも不足しないようにすることは、健康を保つうえでとても重要なこと。日常の食事で補いきれない場合はマルチビタミンやマルチミネラルといったサプリメントを利用してみてはどうだろう。各メーカーから出ている製品は、それぞれ1日の必要量が1回でとれるように作られていて、便利だ。

CATEGORIES

簡単明快!太る理由

例えば預貯金を増やそうとするとき、誰でも「収入を上げ、支出を抑える」ことを考えるだろう。逆に収入に見合わない支出を繰り返していると、借金がかさんでしまう。収入と支出と残金の関係はとてもシンプルな引き算でわかる。
>>続きはコチラをクリック

肥満は恥ずかしい!

花王株式会社が発表した「現代サラリーマンの「健康・肥満意識調査(2003年)」は、イマドキのビジネスマンの気持ちをリアルに表していて、なかなか面白い。対象は首都圏に住む8~8歳代の900人の男性で、太っていると自覚している人の割合は4人に3人。
>>続きはコチラをクリック

太る理由は意外な理由-

人間の食欲全体を制御しているコントロールセンターは、前頭葉という場所に存在している。前頭葉は、満腹中枢や摂食中枢がある視床下部の上部に位置し、視覚や味覚、嗅覚、聴覚などの重要な情報を伝える神経が網の目のように張り巡らされ、
>>続きはコチラをクリック

ダイエットを続ける秘訣

受験勉強をしていた頃を思い出してほしい。「やるぞ!」と意気込んで分厚い参考書を買ってみたものの、半分も行かないうちに投げ出した経験はないだろうか。逆に薄い問題集をなんとか1冊やり遂げることで、なんとなく問題解くコツがつかめたという人も多いはずだ。ダイエット目的の運動も同じこと。
>>続きはコチラをクリック

ダイエットを挫折しないために

ダイエットは孤独なマラソンだ。どうしても食欲に負けたり、計画どおりに体重が減っていかないことも多々あるもの。毎回そこで挫折してしまうわけだが、今回こそ長続きさせるために、挫折を防ぐヒントを読んで備えておこう!
>>続きはコチラをクリック